1月1日 「週刊ポスト」誌に堺屋太一氏との対談「80年代のビジネス生活の読み方」が発表される。
  ・求美社が『求美 42 日本絵画の本流(最終冊)を刊行する。
3月7日 官報で、日本への帰化が認可が公示される。
  17日 
「日本経済新聞」に「日本人に戻りました」を発表する(「食べて儲けて考えて」に収録)。
  ・参議院全国区の選挙への出馬を決意。
4月2日 中央公論社から文庫版『香港・濁水渓』(解説 進藤純孝)を刊行する。
  15日 金田正一と対談との対談「帰化した者が生き抜いてきた人生」が「週刊サンケイ」に掲載される。
5月1日 
求美社から『インフレ撃退法を刊行する。
  5日
「日経ビジネス」誌の「交友アラカルト」欄で井原隆一氏との交流を伝えるコラム、「どこかで効いてくる漢方薬みたいな放談相手」が掲載される
6月18日 選挙公約「私は20年後のことを考えて行動します」「本心をいわない政治家が多いけど、私は本当のことをいいます」を新聞に発表する。
・参議院全国区で15万票を獲得したが61位で落選する。
8月 香港で投資家、王増祥氏から読んでほしいと書類を渡される。
【秋】
「中央公論経営問題特集号」に「落選もまた楽し」を発表する。
10月1日 
中央公論社から邱藩苑蘭氏との共著「母から娘に伝える邱家の中国家庭料理」を「暮らしの設計NO134」として刊行する。
  1日 
日貿出版社「季刊水墨画14 樹木の描法」にコラムを発表する。
11月
「中央公論」誌に「香港の挑戦」を発表する。 
  25日 
日本経済新聞社からインフレに相乗りする法」を刊行する。
  
臨時増刊オール生活」誌に「家計に合わせた“金本位制を」を発表する。 
冬 「求美」42号 特集 日本絵画の本流を刊行する。

(参考) 

(社会の動き) 
ダイエーは54年度(54.3〜55.2)の販売額が1兆円を超え,小売業として初めて年商1兆円を実現。