1月 正月、「エジプト5千年黄金の旅」のツアーに参加し、カイロとイスタンブールに旅する。
 ・10日、是川銀蔵氏との対談「円高保革伯仲時代の『株・景気』をズバリ占う!」を「週刊ポスト」新年号に発表する。
 ・10日 中央公論社から
金銭処世学を刊行する。

210日、日本経済新聞社からQブックス」版(第15巻)『人の集まる所に金が集まる』を刊行する。
25日、集英社から監修本『マンガでわかる節税法』まんが・古城武司)を刊行する。
・「ワインクラブ
 WINE CLUBVo2 №3」 (マンズワイン発行)で玉村豊男と対談「日本のオリジナルはとかつお節とだけ」を発表する。

3月1日、グラフ社から『メシの食える経済学』を刊行する。

「週刊読売」誌で「賢者は中金持ちをめざす」の連載を始める(9月まで)。

16日、日本経済新聞社から「Qブックス」第16巻『成功の法則-金儲け論語・31講』を刊行する。
30日、還暦を迎える。

423日、日本経済新聞社から『食指が動く』を刊行する。

55日、グラフ社からエッセンス本『先の見えない者は滅びる』を刊行する。

7日、中央公論社から邱藩苑蘭氏との共著、中央ミニムックス版『邱家の中国料理』を刊行する。

6月 「実業の日本」で「貧しからず富に溺れず」の連載を始める(昭和605月まで)。
15日、KKベストセラーズ(ワニ文庫)から文庫版『何をたよりに生きようか』を刊行する。

724日、PHP研究所から『野心家の時間割』刊行する(「せっかちの言い分け」に連載した「野心家の時間割」と「野心家の生活術」を収録)。

820日 ごま書房から『邱永漢の商売入門』を刊行。
 21日 日本経済新聞社から Qブックス」(第17巻)『妻の財産づくり』を刊行する。

9「オール生活」誌で「変わる世の中・変わらぬ鉄則」の連載を始める(昭和614月まで)。
10日、中公文庫版『金銭読本』を刊行する。
25日、PHP研究所から『人が動く、金が動く』刊行する。

10THE21」創刊号から「みんな同じわけがない」の連載を始める(昭和6210月号まで)。

11月 「ザ・ベスト」誌で「途中下車でも生きられる」の連載を始める(昭和609月号まで)。
1日、青人社から
『努力しないで金持ちになる法』を刊行する。
10日、グラフ社からエッセンス本女もお金で勝負する』を刊行する。
20日、日本経済新聞社から Qブックス」(第18巻)『女の商売・成功の秘訣を刊行。

12月】「家庭画報」誌に『女の一人暮らしとお金の心配』を発表する。

15日、読売新聞社から『賢者は中金持ちをめざす』を刊行する。

18日、台湾で永漢国際教室、台湾全島連鎖書局を設立する。

・この年芹沢新二との対談が掲載された『芹沢新二対談集』三和新聞社から刊行される。 


(出典 邱永漢著『人が動く金が動く』(1984年)p161166 )