3月 中国視察旅行を企画したが病気で入院したため引率を見送る。

4月15日  光文社から文庫版『まだ やってんの』 を刊行する。 

5月1日 新潮社 から文庫版『中国の旅、食もまた楽し』(解説:山口文憲)を刊行する

 10日 グラフ社から王 振国氏との対談集、『驚異の漢方「天仙液」』を刊行する 

6月 重症急性呼吸器症候群(SARS)発生のため、4、5、6月に立てた旅行プランを全てキャンセルする。

6月14日 廣済堂出版から「もしもしQさんQさんよ」連載コラム集9冊目の『外国で働きたくありませんか 』を刊行する。
7月
5日 台湾を最後にSARS感染指定地域が解除になる。

8月13日 廣済堂出版から「もしもしQさんQさんよ」連載コラム集10冊目の『金儲けはグローバル化の巨象に乗って』を刊行する。  
8月12日 北京で合流し、
桂林、柳州に向かう投資考察団(24))(中国投資考察団を再開) 。
      13日 
シリコン・バレー中関村の見学。
      14日 桂林に向かう。
      15日 
漓江を船に乗って、陽朔まで下だり、バスで桂林に戻る。

      16日 日帰りで柳州まで足を伸ばす。

     17日 桂林から上海に飛び、フリーで上海の町の発展ぶりを見学する。
     18日 朝から工場見学、午後は上海証券取引所を見学する。浦東の永華大楼で、中国株の講習会と、
中国経済についての講演を開く。

922日 30日まで北京、成都、昆明、保山、上海の視察旅行に向かう(投資考察団(25)

・コーヒーを栽培している昆明で3泊する。
・昆明から飛行機を乗り換え、保山に行く

10月30日 廣済堂出版から「もしもしQさんQさんよ」連載コラム集11冊目の『デフレを明るく、楽しく、力一杯』刊行する 。
11月2日 香港に合流し、9日までベトナム視察 に向かう(投資考察団(26)
 ・
2日間ハノイに2泊、フエで1泊。
 ・ホーチミンに2泊し、
日本人商工会議所の人から説明していただき、工業用地を見学する

 ・7日、ホーチーミンから、香港に戻る。福臨門で東洋証券マネージャを講師に中国株の講習会を行宴会を開いたのち、中華料理の晩餐会を開く。

11月14日 東洋経済新報から『中国株の基礎知識』を刊行する。

12月8日 海竜社から「ハイハイQさんデス」で読者からの質問に答えた回答の抜粋集『お金儲けについてズバリ答えます! 』を刊行する

12月10日  PHP研究所 から『お金だけが知っている』を刊行する。
  28日 
桃園の永漢ゴルフ場で、1年に1回あるコンペで会員たちに賞品を渡す。

(参考) 
邱永漢著『デフレを明るく、楽しく力一杯』。
同著『新しいビジネスを探しに行こう』。同著『見える景色の向こうを見よう』。同著『中国を昔の眼で見るな』。
(社会の動き)
3月1日 大和銀行とあさひ銀行が合併しりそな銀行発足。
3月5日 中国の国家元首に胡錦涛氏、首相に温家宝氏が選出 。
3月20日 米英軍、イラクと開戦。 
この年、 
中国南部で重症急性呼吸器症候群SARS)が大流行。

【お願い】この年表を論文などで用いる時は戸田敦也」作成のものであることを明記してください。

Copyright(C) since 2008. Toda Atsunari. All rights reserved.